会社概要 はなび教育委員会 製品案内 おすすめ
質問 寝言

ぼたん組 やし組 ひまわり組 さくら組

ホームルーム あたまのたいそう

問 題


ねずみ花火に対抗したネコ花火が存在している。
○か×か?


こたえ


こたえは×です。


解 説

残念ながらネコ花火という花火は存在しません。
でもいつの日かねずみを追いかけるような動きをする花火を作ってみたいと思い、日々研究を続けています。


1じかんめ りか編

問 題


夏の花火大会を中止にしちゃうひどいやつがいます。
それは何かな?




強風だとはなび屋さんは
困ってしまいます

こたえ


風(かぜ)


解 説

花火大会の天敵とは意外にも雨ではなく実は風なのです。
火は水に弱いというイメージがありますが、花火は雨になんか負けません。いや、花火屋さんがと言った方がいいですね。花火屋さんは少しくらい雨が降っても、花火の玉に雨がかからないように日夜工夫を重ねて現在では多少の雨では問題なく夜空に大輪の花を咲かせることができます。

マメ知識

では、実際にどのくらいの風で花火大会が中止になってしまうのか?それは「○○警報」が発令されてしまった場合です。警報とは自治体でこの地域がなんらかの危険な状況になりましたという合図なのです。いくら楽しい花火大会でも観に来ているお客さんに何かあってはせっかくの楽しい花火大会も台無しになります。花火屋さんも観てくれるお客さんに何かあったらとても悲しくなります。ですから、警報が発令されると花火大会は中止になってしまいます。
つまり、最大の敵は雨でも風でもなく警報ということになるのです。

そこで、警報の代名詞である台風についてちょっと調べてみました。
「台風がいつ頃もっとも多く上陸してくるのか?」それは全国で多少のバラつきがありますが、一番多いのは9月ではなく、実は8月。しかも8月15日〜17日が過去もっとも多く上陸しているのです。
ですから、あなたの街の花火大会がこの時期にある場合はみんなでテルテル坊主を作って台風を上陸させないようにテルテル坊主にお祈りしましょう!


2じかんめ しゃかい編

問 題


夏になると日本中で開催される花火大会ですが
最北端の花火大会はどこでしょう?




夜空と海面の両面に映る
打ち上げ花火は必見!!


画像提供
稚内市建設産業部港湾課

こたえ


北海道稚内市で開催される
稚内みなと南極まつり大花火大会


解 説

北海道の稚内市で毎年2日間開催される「稚内みなと南極まつり」の2日目 のメインイベントとして開催される「大花火大会」が日本の北限のようです。 ちなみに、戦前から旧樺太との交流で栄えた稚内港の歴史的な構造物「北防 波堤ドーム」前を会場に、ドームに響きわたる音と水面に映る色とりどりの競 演は短い夏を精一杯に楽しむ北国のイベントとして圧巻です。

マメ知識

さて、最北端の花火大会が分かると、どうしても知りたくなるのが、
そう!それぞれ最南端、最東端、最西端の花火大会ですよね。
そんなよくばりな・・好奇心旺盛なユーザーのために私たちは調べて
まいりました。


まずは、最東端から。
最東端は予想を反して北海道の根室市でした。
日本列島は東西に伸びているため北海道の根室市が最東端になりました。

さて、その花火大会ですが、「ねむろ港まつり」という2日間開催されるお祭の最終日に行われています。根室港を会場に約1300発もの花火が打ちあがります。夜空と海面上に打ち上がる花火は迫力があるのにどこか幻想的でもあり、見ごたえ抜群の花火です。



迫力満点の根室の花火を
見逃すなっ!!

画像提供  根室市


次に最南端と最西端ですが、日本列島の地理的な関係で両方とも沖縄県の石垣市になりました。

一島一市の石垣市で毎年秋に2日間開催されるイベント「石垣島まつり」その最終日に最南西端で打ちあがる花火が最南西端の花火となりました。このお祭りは石垣市民が一体となり、花火だけでなく舞台芸能や空手演舞、さまざまなパフォーマンスを披露する市民大パレードなど、とてもにぎやかなお祭です。



2日間のお祭りの最後を
飾る華麗な花火

画像提供  石垣市


3じかんめ さんすう編

問 題


昔ながらの花火といえば線香花火がありますが
この線香花火、何種類あるでしょうか?



東日本で一般的な
『線香花火』


西日本で一般的な
『線香花火』

こたえ


長手牡丹とスボ手牡丹の
2種類あります


解 説

線香花火と呼ばれている花火は全国で2種類あります。東日本で 一般的に知られているのは、「みかん花」や「長手牡牡丹」と呼ばれている火薬を和紙でよった花火のことを線香花火と呼んでいます。また西日本では「スボ手牡丹」とよばれる藺草(いぐさ)などの先に火薬をつけた花火を線香花火と呼んでいます。 どちらの花火も火薬の成分や火花の散り方などは同じですが、見た目がまったく違うのが面白いですよね。

マメ知識

では、なぜ長手牡丹と言うのでしょうか?それは、長い時間手でよるという意味。スボ手牡丹のスボとは藁(ワラ)のことだそうです。また長手牡丹とスボ手牡丹がどうして線香花火という名前になったかといえば、江戸時代にはワラの先に火薬を入れた花火を火鉢や香炉に立てて遊ぶことが流行していたようで、文献や錦絵(にしきえ)に描かれています。その火鉢や香炉にささっている姿が線香をあげているように見えたことから「線香花火」と呼ぶようになったと言われています。
ところで、線香花火といえば火花を出し続けている時間の長さを競う「長持ち競争」ですが、この長持ちをさせるコツをちょっと紹介します。長手は火を付ける前に火薬のまわりをぎゅっとひねると長持ちします。スボ手牡丹は火薬の部分をやや上向きにして持つと火種が早い段階でぽたっと落ちることが少ないですよ。




株式会社 若松屋 Copyright (C) WAKAMATSUYA All right reserved.