本文へジャンプ

表示中のページは  株式会社若松屋 貝吹工場 > 打上方法の紹介 > 単打ちについて  のページです。

打上方法の紹介 単打ちについて

単打ちとは町内のお祭りや運動会の決行合図等のように、ゆっくり打ち上げる方法です。

単打ちイメージ
単打ちイメージ

固定された筒に打上げ薬を取り付けた花火玉を、紐を使い、静かに装填します。花火玉を装填したら、黒色小粒火薬を少量振りかけます。そして「ロー火」と呼ばれる火種に火を点け、筒に投げ込みます。そうすると最後に振りかけた黒色小粒火薬に火が点き、玉に取り付けてある発射薬に点火され、一瞬にして大量のガスが発生し、上空へ花火玉を打ち上げる、という仕組みです。また、発射薬は花火玉を上空へ打ち上げる役目のほかに、花火玉の心臓部ともいえる導火線に火を点ける役割もしています。文章中の発射薬には、黒色小粒火薬を使用しています。またロー火とは、火薬を水等で練って小さな棒状に形成した火薬の塊をいいます。

単打ちイメージ 単打ちイメージ

お問い合わせ

株式会社若松屋  貝吹工場

〒445-0013愛知県西尾市貝吹町大牛切65

  • TEL.0563-52-1740
  • FAX.0563-52-0031

メールでのお問い合わせ先

enkasi@sun-inet.or.jp
※コピーしてお使いください。

ページトップへ