本文へジャンプ

表示中のページは  株式会社若松屋 貝吹工場 > 作成工程の紹介 > 配合  のページです。

作成工程の紹介 配合について

配合とは基本となる化学薬品を組成表に基づいて計量・混合し粉状の配合薬を作る工程です。

配合イメージまず組成表に基づいて、薬品(酸化剤、炎色剤など)を計量します。花火の種類や色によって多少異なりますが、約3〜10種類の薬品を使って一つの色や火花を表現します。次に計量した薬品を篩(ふるい)に通します。こうすることによって、薬品を均一に混合するほか、薬品の中に混ざってしまった異物を取り除くわけです。篩を通したそれぞれの薬品を静かに混ぜ合わせ、もう一度均一に混合するため、篩に通します。このようにして出来た配合薬を使い、星掛け作業をします。花火に使われる薬品は主に酸化剤、炎色剤、可燃剤の三種類に分けられます。みなさんは学生時代に理科の実験で「ストロンチウムやバリウムといった金属化合物をガスバーナーで熱して炎色反応をみる」といった実験を見たことがある人もいると思います。花火はこの現象を利用しているわけです。酸化剤と可燃剤はガスバーナーと同じ役割をしています。

炎色反応の一例

配合イメージ

赤 色
炭酸ストロンチウム、蓚酸ストロンチウム等と言ったストロンチウム
緑 色
硝酸バリウム、硫酸バリウム等と言った、バリウム
青 色
酸化銅、花緑青(亜ヒ酸銅)などと言った銅
銀 色
アルミニウム等
黄 色
蓚酸ナトリウム等のナトリウム
酸化剤
過塩素酸カリウム、硝酸バリウム等
可燃剤
BL助燃剤、フエノ−ルレジン、等

お問い合わせ

株式会社若松屋  貝吹工場

〒445-0013愛知県西尾市貝吹町大牛切65

  • TEL.0563-52-1740
  • FAX.0563-52-0031

メールでのお問い合わせ先

enkasi@sun-inet.or.jp
※コピーしてお使いください。

ページトップへ